特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構

WS・WSDって? イベント情報 グループ紹介 まめ知識 WSDへ WSD推進機構について
WSD推進機構について WSDへ まめ知識 グループ紹介 イベント情報 WS・WSDって?

Top > シンポジウム

一般財団法人生涯学習開発財団主催シンポジウム開催情報

特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構は、一般財団法人生涯学習開発財団主催のシンポジウムを、年3回関東と関西にて開催しています。
今までのシンポジウム報告はこちら>>http://www.gllc.or.jp/project/seminar/index.html (一般財団法人生涯学習開発財団のページ)

開催情報

 

2017年 生涯学習開発財団シンポジウム
多元的共生社会における生涯学習を考えるシリーズ第15回

「多元的共生社会を教育から考える」



このシリーズでは、人種、宗教、文化、価値観など多様な人々の共生が進む社会において必要な学びについて、教育、工学、コミュニティ形成、演劇など、様々な分野からの登壇者を迎え、会場の皆様とともに多角的に考えています。

第15回を数える今回は、青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科教授 苅宿俊文氏に、
「多元的共生社会を教育から考える」と題してお話しいただきます。
ご興味のある方、どなたでもご参加いただけます。

[日時] 2017年12月9日(土)    
    13時30分から16時 (開場13時)
[場所] 東京大学 福武ホール 地下 2 階ラーニングシアター
   アクセス:本郷三丁目駅 徒歩8分 /東大前駅 徒歩 10 分
   http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
[参加費] 2000円
[内容] 苅宿俊文氏 講演
[定員] 100名(先着順)
[主催] 一般財団法人生涯学習開発財団
[共催/お問い合わせ] 特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構
tagensympo2013@gmail.com

<お申し込み>
●ピーティックスでお願いします。
http://ptix.at/XV8pZ7
●ピーティックスではご都合の悪い方は、
メールにてお申込みをお願いいたします。
メールアドレス:tagensympo2013@gmail.com
件名「2017年12月9日シンポジウム申込」  
本文
(1)名前  
(2)メールアドレス  
(3)所属(WSDの方は、受講大学、修了期)

<苅宿俊文氏より>
多元的共生社会という言葉には、多元的社会の不可避と共生社会の不可能をどのように折り合いをつけていくのかという問いが含まれています。今回は、この不可避と不可能について教育という視点から見ていくことだけではなく、教育の周辺を広めに見ていき、例えば、毎度おなじみの情報系の技術革新の速さと農業や田舎暮らしへの注目など、その根底にある「時間について」の考え方など、最近気になっていることについて報告していきたいと考えています。
< 苅宿俊文氏プロフィール>
青山学院大学社会情報学部教授。Ph.D.(Ed)
専門は学習コミュニティデザイン論、学習環境デザイン論、教育工学。
現在、ワークショップに代表される協働的な学びの場の分析やデザインの実践研究に取り組んでいる。最近は、ワークショップの学校での可能性を追求していくために、芸術表現体験活動と省察活動を組み合わせた授業デザインを地方の小さな規模の学校や地域を舞台に展開している。
「青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラム」ではグッドデザイン未来づくり特別賞を受賞、このほかリアルコミュニケーションツールやワークショップデザインでグッドデザイン賞やキッズデザイン賞などを受賞。著書には「ワークショップと学び」(編)[全3巻](東京大学出版会)など多数。

特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構
メールアドレス:wsd.suishin@gmail.com
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/wsd.suishinkikou/

>>>チラシはこちら