特定非営利活動法人ワークショップデザイナー推進機構

WS・WSDって? イベント情報 グループ紹介 まめ知識 WSDへ WSD推進機構について
WSD推進機構について WSDへ まめ知識 グループ紹介 イベント情報 WS・WSDって?

Top > WSD推進機構について

WSD推進機構について 私たちについてのご紹介です。

特定非営利活動法人ワークショップデザイナー(WSD)推進機構の目的

この法人は、地域、企業等のコミュニティで、社会教育や職業能力開発等の活性化のために実施されている参加体験型活動プログラム(ワークショップ)の企画・運営ができる人材として大学の履修証明プログラムにより育成されたワークショップデザイナーに対して、社会的な地位向上に寄与する事業の実施、資質向上に向けての研修事業の実施、多様な現場での成果の増進に寄与できる人材としての資格認定の事業を実施することを通して社会の発展に寄与することを目的とする。

 

3つのmission

①WSDの認知度アップ

ワークショップ、シンポジウムなど、WSDの分野に資する活動をします。また、ワークショップの運営・企画等の支援を行います。
今までのシンポジウム情報
開催予定のシンポジウム情報

②WSDが継続して学べる場の提供

WSDをはじめ、ワークショップやファシリテーターの知識や技能を学びたい人に向けて、知識や技能の向上のためのフォローアップ講座を開講します。

③WSDの経験を「視える化」

よりキャリアを積みたい方に向けて、WSD認定講座を開講します。認定試験に合格すると、文部科学省所管財団法人生涯学習開発財団からの認定が受けられます。

資格認定について
資格認定の更新について



役員

理事長、東日本機構長:茂木一司(群馬大学教育学部教授)

茂木一司

コミュニケーションの場づくりができる人材が今強く社会から求められています。ワークショップデザイナーは、自分のためだけではない、さまざまなコミュニティに関わるということに意味を見いだす、第3の新しい働き方=職業として注目されています。学ぶこと・働くことを自身の「在り方」から考え直す場の提供です。


群馬大学教育学部教授。専門は、美術科教育・ワークショップ学習論。1956年群馬県生まれ。筑波大学大学院修士課程芸術研究科デザイン専攻修了。九州芸術工科大学大学院博士 後期課程芸術工学研究科情報伝達専攻修了。博士(芸術工学)。鹿児島大学教育学部講師・同助教授、群馬大学教育学部准教授を経て、現職。構成教育(Basic Design)、R.シュタイナーの芸術教育などから、身体・メディア+学習環境デザイン+アートワークショップ+障害児の表現教育に関心を持ち幅広く、実践及び研究中。 論文「構成教育の史的研究─イギリスの基礎デザイン運動:ビクター・パスモアとリチャード・ハミルトンの教育─」(2000)、共著『美術科教育の基礎知識』(建帛社、2010)、『デザイン教育ダイナミズム』(建帛社、1993)、"International Dialogues about Visual Culture, Education and Art"(Intellect,2008)、『協同と表現のワークショップ─学びのための環境のデザイン』(編集代表、東信堂、2010)ほか。


副理事長、西日本機構長:蓮行(大阪大学特任講師)

蓮行

演劇作品の上演と、演劇ワークショップの実践を活動の両輪としてきましたが、「ワークショップデザイナー育成プログラム」の活動は、「同志を生み出す」と同時に、「好敵手を世に送り出す」ことだと感じています。「同志」と「好敵手」はほとんど同義なのかもしれません。ワークショップデザイナー(と、それを目指す方)の皆さんと、大いに切磋琢磨、群雄割拠したいと思っています。


劇団衛星代表/劇作家、演出家、俳優/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師。1973年名古屋生まれ。京都大学経済学部卒。 京都を拠点に、社会的メッセージがあるような無いような作品群を、劇場のみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等で上演する。その活動は全国に渡り、茶道劇 「珠光の庵」は全47都道府県上演を目指して巡回中(2010年4月1日現在14都道府県踏破)。同時に、演劇の社会教育力に着目し、コミュニケーションティーチャーとして、多くの演劇ワークショップ事業を手がける。対象は未就学児から社会人まで幅広い。文化庁平成18年度新進芸術家国内研修制度研修員。岡山県立大学非常勤講師。四国学院大学非常勤講師。


理事:苅宿俊文(青山学院大学社会情報学部教授)

苅宿俊文

修了生のみなさまが実践者として、様々な現場で活躍し、コミュニケーション場づくりの専門家として社会に貢献されていることをとても喜んでおります。
みなさまがこれまで以上に活躍され、ヒューマンネットワークの結び目となっていくことで、また一歩、多元的共生社会に近づいていけると確信します。私自身、みなさまと共にこのミッションに向かって歩んでいきたいと思っています。


青山学院大学社会情報学部教授。Ph.D.(Ed)
ワークショップに代表される協働的な学習を実践的に研究している。特に学校教育で展開されているアート系ワークショップの調査研究をしている。専門は、学習コミュニティデザイン論、学習環境デザイン論、教育工学。

理事:平田オリザ(劇作家/演出家/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

平田オリザ


1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部在学中に結成した劇団「青年団」を率いて、自ら支配人をつとめるこまばアゴラ劇場を拠点に国内外で幅広く活動、「現代口語演劇理論」を確立する。
1995年『東京ノート』で岸田國士戯曲賞受賞ほか作品の受賞歴多数。
2002年度より中学2年生の国語教科書(三省堂)に、ワークショップの方法論が導入されるなど、演劇を通しての様々な教育活動が認められ、2006年モンブラン国際文化賞受賞。
現在、首都大学東京客員教授、三省堂小学校国語教科書編集委員も務める。


理事:中脇健児(まちづくりプランナー/アートプロデューサー)

中脇健児

「思ったように伝わらない、言葉が届かない」。会社や学校、サークル、近所づきあいなど、従来の社会組織において、何度となく出会う意思疎通のつまづきは、ほっておけば大きな問題になります。ついパーソナリティを責める傾向にありますが、関係性や気持ちの流れ方に気を配れば未然に防げるはずだと思っています。
ワークショップ(もしくはその思考や振る舞い)は、そんな人間関係の構造を“ちょっと”変えられる手段。
ワークショップをデザインし、機能させることは、結果を“だいぶ”違ったものにします。
ワークショップデザイナーはまさに「社会の風通し役」。
あらゆる領域で活躍する皆さんと“ワークショップ”で繋がれることは、その可能性やアプローチの方法を更に豊かにできると信じています。


1980年大阪生まれ。兵庫県伊丹市を中心にミュージアム、商店主、行政、市民を結びつけるプロジェクトを多数展開。「遊び心」をキーワードに関わる人全員が主役になれる場を創り出す。
代表的なプロジェクトは「伊丹オトラク」「鳴く虫と郷町」。近年は関d西一円に活動を広げ、衛星都市、観光地、過疎化の集落など、あらゆる場面でワークショップを機能させ、なんだか愉快な「街」をつくるのに寄与する。< 公益財団法人伊丹市文化振興財団、地域・施設連携担当。
独立行政法人中小機構、中心市街地商業活性化アドバイザー。
京都造形芸術大学 芸術表現・アートプロデュース学科非常勤講師。


理事:竹丸草子(教育コーディネーター/ファシリテーター)

竹丸 草子

社会の様々な分野で、「経験」から「学ぶ」:ワークショップが必要とされていることを感じる今、ワークショップデザイナーのみなさんの活躍の場が広がっていることも実感しています。各領域のワークショップデザイナーが各々の分野で独立して活躍し、時には異なる分野を越境し一緒に活動する。そんなアメーバのように多様で自由な連携が、ワークショップデザイナーの強みであるとも思います。WSD推進機構がそのような活動や連携の拠点として在るように、みなさんと一緒に活動していきたいと思います。


店舗運営、商品開発、販促などの業務経験のあと、雑誌・広告の制作ディレクターとして制作会社に勤務。2003年、フリーランスとなる。2011年青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム7期修了。
小学校や児童館、イベントなどで、造形と遊びを中心としたワークショップを多数実施。こどもといっしょに「発見、楽しむ、感じる」のプロセスを大切にした場づくりをしている。また、近年は教育コーディネーターとしても活躍中。教育庁との連携事業で、東京都立高校へキャリア授業を企画、実施。川崎市の放課後事業「寺子屋富士見っ子」では小学生の放課後学習や体験活動の支援を行っている。
特定非営利活動法人16歳の仕事塾コーディネーター、特定非営利活動法人芸術家と子どもたちコーディネーター、青山学院大学特別研究員
デザインユニットつむり代表、川崎市立富士見台小学校寺子屋富士見っ子実行委員会代表

理事:酒寄哲也

酒寄 哲也

ワークショップデザイナーが職業として成り立ち、継続的に社会に貢献できるためには、ワークショップが経済的にも成立する必要があると考えています。職場やこの機構も含めて自分の関わる活動の中で、そのための方策を考えてみたいと思います。
1961年8月16日東京都生まれ。生まれも育ちも葛飾柴又。株式会社リコー勤務。音声情報処理、ユーザーインターフェースなどに関わる研究開発、新規ビジネス探索、学生向けコンテスト事務局などを経て、現在、RICOH Future House の運営に従事。
青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム6期修了。9期、10期の修了生スタッフ担当。ニックネームは遊酔。様々な期のワークショップデザイナーやその他の人が集う「遊酔亭の宴」と題した宴会を、青学7期修了の妻とともに自宅で開くのが趣味。

 

 

理事:大関はるか

大関 はるか

こどもの頃から、ワークショップ的手法による学びを好んできました。質の高いワークショップを受講してきた自信はあれど、自分の作る場についてはまだまだ模索中です。また、根からの企画好きで、自主企画したワークショップ、イベント、合宿形式のイベントは100を超えます。ジャンルも食、多文化交流、環境、音楽、こども、人権など多種多様...と、数と種類はこなしてきました。仕事では、様々な地域の方、学生などと環境をテーマに多様なプロジェクトを遂行しています。受講生に一番近い理事、受講生の立場を代弁できる理事として、できることを探してやっていきます。


1979年リビア、トリポリ生まれ。栃木県宇都宮市育ち。長崎大学環境科学学部1期生。デンマークのフォルケホイスコーレ The International People College(2001)、Crossing BordersのClimate Ambasadorコース(2009)修了。2010年大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム4期修了。
2003年より京都の(有)ひのでやエコライフ研究所研究員。

理事:日高ゆき

日高ゆき

多様な分野で活躍する人財の宝庫である認定ワークショップデザイナーが、社会でさらに活躍するために共にできること・あったらいいなと思えるサポートを考え、修了生同士が出逢える場を創っていきたいと思っています。


大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム3期修了。事務局兼理事として、認定ワークショップデザイナーを目指す修了生のみなさんのサポートと、生涯学習開発財団との共催シンポジウム(西日本機構)を担当。 海外ボランティア活動をきっかけに、安全な場所から少し離れ、“~すべき”という枠にとらわれない環境での学びを体感すべく、何にも所属しない2年間の住所不定ホームレス生活をしながらのボランティア等を経て社会復帰。経済的な余裕のある人だけが集まれる場ではなく、興味・関心がある人たちが愉しむ仕組みを実践することがテーマで、主催事業では造形ワークショップから教員研修・行政とのワークショップまで、硬軟織り交ぜて様々なワークショップに挑戦。ここ数年は、現場において優秀な裏方(コーディネーター)が不足していることを実感。その重要性を感じ、地味だけれども必要不可欠な“裏方のプロ”の地位向上を目指し、多くの人の協力をいただきながら何足もの草鞋を履いて修行中。
Marginal研究舎代表。特定非営利活動法人学習開発研究所所員、特定非営利活動法人フリンジシアタープロジェクト、京都府協働コーディネーター、京都市総合政策室市民協働推進担当コーディネーター、ほぼ2畳大学学長など。



エグゼクティブプロデューサー:吉野さつき(愛知大学准教授)

吉野さつき

「ワークショップは手段であって、目的ではない。」
この言葉は、「ワークショップデザイナー育成プログラム」の立ち上げに関わった際、私自身が改めて学び気づかされた言葉です。
さまざまな領域で応用でき、異なる領域をつなぐこともできる、人と人、人ともの、人とコトのコミュニケーションをデザインする手段となるワークショップ。
「ワークショップデザイナー育成プログラム」修了生のみなさんを中心に、それぞれの領域で、また領域を越えて、この手段をさらに発展させながら活躍されていくことを期待しています。


愛知大学文学部メディア芸術専攻准教授。シティ大学大学院(英国)芸術政策経営学部修士課程修了。公共ホール文化事業の企画運営に携わり、平田オリザによる演劇ワーク ショップや、野村萬斎と英国ナショナルシアターのワークショップリーダーによる共同ワークショップなどを手がける。平成13年度文化庁派遣芸術家在外研修員として、英国で演劇のアウトリーチやエデュケーションプログラムの研修と調査を実施。フリーランスとして教育、福祉、ビジネスなど幅広い現場でのアー ティストによるワークショップをコーディネート。各地の公共劇場や大学などでの人材育成事業にも数多く携わっている。ワークショップリーダー養成プログラム開発ユニット「いち、にい、さん。」メンバー。豊田市文化芸術振興委員会委員。文化経済学会〈日本〉会員。